2012年12月28日
ホームページを開設しました

教会紹介

ギャラリー

ギャラリー

私達、世界平和統一家庭連合 土浦家庭教会は理想家庭と世界平和実現のために日々精進しております。
特に、教会員のみならず、すべての家庭に、神様の祝福が降り注がれ、不義のない理想の家庭が形成されます事を祈ってやみません。

土浦で全国的に知られている事と言えば、1929年(昭和4年)12月、海軍省令により予科練習生の制度が設けられましたが、その訓練場が日本で二番目に大きな湖、霞ヶ浦に程近い、この土浦にあった事です。
この海軍飛行予科練習生の平和記念館が平成22年2月2日リニューアルされ開館されましたが、そこに保管されている彼らの突撃直前に家族へ送った手紙は、とても涙なくして読む事は出来ません。
国の窮地を脱するため、我が身を捧げることに誇りを持ちながらも、自分を亡くす父を思い、母を思い、弟を思い、妹を思いやる愛が滲み出ていました。この15歳から20までの若者の儚くも貴い精神と志を、私たちは尊敬すると共に日本の宝であり、土浦の宝だと思っています。土浦家庭教会は、そのように家族を思い、国を思う、慈愛に満ちた教会を目指しています。

また、土浦家庭教会は、家族愛をテーマに、季節に合ったイベントと奉仕活動を中心に家族の絆を深め合う活動を展開しております。例えば「ファミリー新年会」や「クリスマスファミリーフェスティバル」ではコーラス・合唱、歌やミュージカル、演劇などを準備し、家族や親族を招待して行ってまいりました。毎年恒例の運動会では、教会員の家族同士がふれあう喜びの場にもなっています。
又、毎年土浦で行われる全国花火新作発表会を兼ねる花火大会後は、大量のゴミが残されるため、ボランティア清掃チームを結成し、奉仕活動を行ったり、200名近くいる小学生、中学生、高校生でかすみがうら清掃活動を行っています。

教育面においては、人生をより本質的に送るために、生活の中で様々に出てくる人間関係、家族関係の諸問題、悩みを解決するために、創始者である文鮮明先生の自叙伝の内容を、分かりやすく解説しながら、そのみ言を書写するイベント「書写奉納伝授式」を毎月第2月曜に開催し、生活に密着した指導も行っています。

▲TOP